自分のためだけの料理レシピ

自分がいちばん便利なレシピログを自分でつくる

みそと大葉風味のナスとピーマンの素揚げ

  1. ナスとピーマンを油で素揚げ
  2. みそと、刻んだ大葉で、素揚げされたナスとピーマンをさっと炒める
  3. ゴマを振りかけて出来上がり

マツコの知らない世界平野レミが紹介していたレシピ。

もやしで量を増したらメインにできそう。

韓国風サバ団子(サバだんご)

材料

サバだんご

  • さば 2尾(3枚おろし)
  • 豚ひき肉 100-200g
  • タマネギ 小1個
  • にんじん 小1本
  • もやし ひとつかみ
  • しょうゆ 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • みそ 大さじ1
  • しょうが 1かけ
  • コショウ 少々
  • 卵 1個

チョカンジャン(混ぜればできあがり)

  • しょうゆ 大さじ3
  • 砂糖 大さじ半分
  • 酢 大さじ半分
  • にんにく すりおろし少々
  • ネギのみじん切り 大さじ1-2
  • 唐辛子 少々(お好みで)

作り方

  1. サバの身をスプーンなどでそげ取る。たたくと骨が出てくるので、骨を取りながら。
  2. タマネギ、にんじんはみじん切りにする
  3. ボールにサバの身、ひき肉、タマネギ、にんじん、たまご、調味料を入れて、粘りが出るまでよく混ぜる
  4. 最後にもやしをさっと混ぜる(バキッと手で折りながら)
  5. スプーン2本を使って丸め、170-180℃の油で揚げる
  6. チョンカンジャンソースをつけて食べる

ポイント

野菜、ひき肉、サバの量が同量となるくらいが目安

チョンカンジャンは、日本でいう酢醤油のようなもの。面倒くさかったら酢醤油やポン酢を使ってしまってもOK

セロリアックのきんぴら

材料

  • セロリアック 半分(300g程度)
  • にんじん 半分
  • 酢 少々
  • ごま油 大さじ2-3
  • しょうゆ 大さじ2-3
  • 砂糖 大さじ 2-3
  • みりん 大さじ2-3
  • 白ゴマ 適宜

作り方

  1. セロリアックは、厚めに皮をむき、千切りにした後、あく抜きのために酢を少々たらした水にさらします
  2. あとは普通にきんぴらをつくるだけ。5分ほど炒めればにんじん・セロリアックともに火が通ります

ポイント

イギリスできんぴらごぼうに似たものを作ろうと思ったら、これがいちばん近いメニュー。

セロリアックのサラダ

材料

  • セロリアック 半分(300g程度)
  • 酢 少々
  • しょうゆ 小さじ1
  • マヨネーズ 大さじ3-4
  • 白ゴマ 適宜
  • 鰹節 適宜

作り方

  1. セロリアックを半分にカットし、厚めに皮をむき、千切りにする
  2. 酢を少々たらした水にさらして、アクをぬく
  3. セロリアックを耐熱皿に入れてレンジで3分加熱
  4. 加熱して出てきた水分を切った後、醤油とマヨネーズ、白ゴマをまぶして完成。

鰹節はお好みで。セロリ臭さが少なくなるので、セロリが苦手な人にはおすすめ。

ポテトとリークとアンチョビのグラタン

材料

  • リーク 1-2本(千切り)
  • ポテト 中4個
  • アンチョビ 3-4枚(代わりにベーコンなどで代用しても可)
  • 生クリーム(ダブルクリーム)170cc
  • 塩コショウ 少々
  • とろけるチーズ 100g

作り方

  1. リークは縦半分にカットし、それを5センチ幅にカット。それを千切りに。
  2. ポテトは長方形にカット。
  3. ポテトとリークを耐熱皿に入れ、レンジで8-10分加熱。
  4. アンチョビをみじん切り。
  5. レンジで加熱したポテトとリークの上にアンチョビをのせ、塩コショウ。ひたひたより少し少なめに生クリームをかける。その上からチーズをのせる。
  6. 180-200℃のオーブンで20分加熱。(チーズが溶けるまでレンジで加熱した後、オーブントースターかグリルで焼き色をつけるでも可)

テンジャンチゲ(韓国風お味噌汁)

材料(4人分レシピ)

  • あさり 200-300g
  • 豆腐 半パック
  • ネギ 半分
  • ズッキーニ 半分
  • タマネギ 半分
  • しいたけ 4枚(しめじ半パックでも可)
  • 豚肉か牛肉 100g
  • ニンニク 大1個(すりおろし)
  • 赤唐辛子 1本(コチュジャンや粉唐辛子での代用可)
  • テンジャン味噌 大さじ6
  • 出汁 6カップ(にぼし出汁がおすすめ。ダシダでも可)

作り方

  1. 野菜を食べやすい大きさにカット
  2. 鍋にだし汁・テンジャン味噌を入れて火にかける
  3. 沸騰したら、にんにくを入れた後、ネギ以外の野菜を入れていく。肉は後半に入れる。
  4. 最後に豆腐、ネギ、赤唐辛子を入れて完成。

注意点

  • トッペキに入れて出すと雰囲気あり
  • 野菜は結局のところ、何でもアリ。大根・にんじん・じゃがいもなど、お好みで
  • 出汁1カップに対して、テンジャン味噌大さじ1が目安
  • テンジャン味噌は、ぐつぐつ煮込むことでコクが出るのが特徴なので、日本の味噌汁よりも長く煮込むのがポイント
  • テンジャン味噌の酸味が苦手な人は、日本の味噌とブレンドするとまろやかになる